日々、様々なお問い合わせをいただくアイ建設ですが、「誰か」の疑問はまた「別の誰か」の疑問でもあるかもしれない、ということで、差し障りのない範囲で公開していきたいと思います。

昨今は、非常に情報の多い時代です。

ホームページやブログ、YouTube、インスタグラム等々で様々な情報にアクセスすることができます。

そこで目につくのは「失敗」「すすめない」「やめたほうがいい」「すぐ壊れた」「後悔」「施工不良」などなどマイナスの文言 …。

「高い」お買い物ですから、調べれば調べるほど、心配になってしまう気持ちもわかります。

そこで、あくまで「一つの意見」ですが、お問い合わせに対するお答えを公開したいと思います。
補足として、営業さんにさらにお問合せをした内容も掲載します。

タカラスタンダードのキッチンパネルは切断が難しい?

正直、取り立てて難しいとは思いません。例えば(仕上げ用の)木材のほうが神経を使います。難しいというよりは、正しい「のこ刃」を使いましょう、ということだと思います。ただ、スイッチ用の穴などを作るのは少し面倒です。あと切り口に「錆止め」を塗らなければいけないのが、人によっては面倒なのかもしれません。

タカラスタンダードのキッチンパネルは貼るのが難しい?

正直、「簡単なほう」な気がしています。個人的には、主流の「メラミン製」のもののほうがちょっと大変な気がしています。

タカラスタンダードのキッチンパネルは古い壁紙の上にも貼れる?

まず、石膏ボードの上、タイルの上、など壁がしっかりしている必要があります。これは「キッチンパネル」だけでなく「トイレパネル」「エマウォール」なども同様です。場合によっては、シーラー処理、ボードの張り替え等が必要になることもあります。基本的には、壁紙の張り替えも一緒にご検討されることをお勧めします。

タカラスタンダードのトイレパネルを床に貼れる?

はい、タカラさんのホームページでも公開されていますので、ご覧ください。ただ床に貼る場合には、一度、便器等を取り外す必要があります。先ほど営業さんにも確認しましたが、外さずに貼るのは「ぜったいダメ」、「断ってください」とのことでした。また、下地についても規定があります。トイレ用カタログの43ページに記載がありますので、詳しくはそちらをご覧ください。場合によっては、別途工事が必要になる場合があります。そこでトイレのリフォーム等をされる際に一緒に施工されるのがよいと思います。

タカラスタンダードの便器もホーロー製?有名でないからあまりよくない?

便器は一般的なトイレと同じ陶器製です。先ほど営業さんに確認しましたところ、タカラスタンダードの便器は、老舗メーカーのひとつ「ジャニス工業株式会社」のOEMだそうです。ジャニスさんから仕入れ、メンテナンスもジャニスさんがしっかり対応してくれます。ちなみにメンテナンスの際は、タカラさんがしっかり窓口として対応してくれるそうです。

タカラスタンダードの「施工士」は1日の研修でなれるときいた。その程度の資格なのか?

私の場合は、1日の研修で「SK」と「KP」の施工士資格を取得しました。
ここでタカラスタンダードの「施工士制度」の目的を確認しておきますと、「安全確実な工事を提供するために必要な最低限度の工事力を確保するとともに顧客の信頼と評価を勝ち得るための現場マナー・工事管理力・施工技術を妖精・蓄積するために施工士制度を設ける」とされています。
また施工士の条件としては以下のものがあげられています:「住設機器認定店制度に定める認定店に所属していること」「(タカラスタンダードが)主催する施工士認定研修の所定の課程を修了し合格すること」「安全確実な工事をするために必要な施工知識・施工技術・施工技能を備えていること」「工事を円滑に進めるための現場マナーと現場管理能力を有すること」
施工士の特典は「認定証に記載する工事範囲の施工及び現場管理を実施できる」というものです。つまり認定を受けていない会社、人は施工ができませんよ、ということです。

正直なところ、日頃、他社製のキッチンパネルやキッチンを施工している人にとって、取り立ててタカラスタンダード製のキッチンパネルが難しい、ということはありません。ただ先ほども書きましたが、「専用の丸のこ刃を使う」や「錆止めを塗る」、「グラインダーは禁止」、「見切りやエッジの種類」といった重要なことは確認しておく必要があります。何より実際にやってみてメラミン製のパネルとの感覚の違いを経験しておく必要もあります。

そういった実際の施工の場面での知識を得ることはもちろんなのですが、「施工士」の資格は「住設機器認定店制度に定める認定店に所属していること」が重要なのだと思います。私の場合、転職等で別の会社の所属になった場合、この資格は使うことができなくなってしまいます。あくまでも「認定店」とセットの資格です。「認定店」ですと、きちんと担当の営業さんもいらっしゃって、様々な情報をいただけますし、質問等も気軽にすることができます。(いつもお世話になっております。)

よって、「施工士」とは「切るのが上手い」とか、そういったこととは無関係の資格となります。「上手い人」にお願いしたい場合には、タカラさんの技術者さん、または日頃タカラスタンダード製品を専属とまではいかないにしても大量に扱っている会社さんにお願いするのが最適かと思います。やはり経験値が違いますし、正直それ以外の情報で「上手い下手」を判断するのは難しいかと思います。