木造耐火建築って?

木造耐火建築って?

商業地域や幹線道路沿線沿いなどを中心に、工業地域だけでなく住宅地域も含めて広範に定められている防火地域。
建築基準法には、この防火地域では火災が発生した場合に備えて、被害を最小限に食い止められるよう、3階以上または延べ床面積100平方メートル超の建物は耐火建築物にすることが義務付けられています。

防火地域に木の家

以前は、鉄筋コンクリート造、鉄骨造などでしか耐火建築物が建てられなかったのですが、木造による耐火構造の建設が出来るようになり、防火地域内での3・4 階建て、共同住宅などの木造住宅が可能になりました。

他の建築物との違い
坪58万円からの木造耐火建築