当社は木造耐火建築を得意とした会社です

そう言えるために何をしてきたか ~当社がいち早く取り組んだ木造耐火建築物~

「木造耐火建築とは・・・」を現場に定着させるために

木造耐火建築の建物を建てるためには、まず講習を受けてそのための知識を取り入れる必要があります。 当社では現場に出る現場監督は全員(社)ツーバイフォー協会と(社)木造住宅産業協会の耐火講習を全て受講し、協会に登録した設計士であり検査員です。
しかし、講習を受けた人が実際に建てる訳ではないので、それを実際に建てる人たちに伝え、そのとおりにやってもらわなくてはなりません。
そこで問題になるのは現場の人しか知らないような細かい収まりや仕様についてのこと。 そこが現場の職人に任されてしまうと、耐火建築でありながら耐火建築の性能を備えていない建物になってしまいかねないのです。

イメージ写真

当社では、ツーバイフォー協会と日本木造住宅産業協会の仕様書をもとに 現場の細かい収まりが書かれた独自のマニュアルを作成し、工事に関わる 人たち全員が常に建物の品質確保を意識できるようにしています。
また、工事が始まる前には、建てる家の図面をもとに現場監督が大工や設備 を担当する人たちに工事の注意点等や納まりを伝えています。
「耐火建築とは何か」をマニュアルを通し、各種打合せを通し、現場での指示を 通し、渡す図面を通して、現場の中心となる大工をはじめ、水道工事・電気工事 を担当する人たちに耐火建築とはどういうものかを繰り返し伝える努力をしてきました。

イメージ写真

建築の現場をよく解っていない人が講習を受けたというだけでは現場の人に伝えるのは難しいと思います。
たまにしか耐火建築を扱わない会社では、耐火品質を現場に定着させ、品質を確保するのは難しいと思います。
当社は平成19年に設立した会社ですがこれまでの耐火建築の施工実績は40棟を超えます。
一戸建てを始め共同住宅・木造4階建て・病院等多種多様な耐火建築の施工をしてきた実績があります。
現場監督も大工も建築に関わる業者は耐火建築に精通しています。

木造耐火建築を手の届く価格に抑えるために

品質を定着させることと平行して、いかに建築価格をおさえられるかも考えてきました。
マニュアルに精通し、見積りの精度を上げ、必要なものを必要な分だけ直発注し、無駄のない工程管理・現場管理を考え・・・「防火性能を落とすことなく価格を抑えるために出来ることは何か」を常に考えてきました。

変更改善の必要がある時は全員で話し合い、すぐ会社全体で対応し、常に最善を考えた仕事を心掛けています。
その結果、30坪程度の一般的な建物であれば坪58万円くらいから対応できるようになりました。 最近では、耐火建築は高いからと諦めていたお客様や不動産屋さん・設計事務所さんからのお問い合わせも増えてきました。